卒業後、甘いものや主食を食べ過ぎてしまったときには、どうすればよいのでしょうか?

甘いものや主食の食べ過ぎ卒業後、甘いものや主食を食べ過ぎてしまったときには、どうすればよいのでしょうか?

* この記事はナカメ式下半身ダイエットのQ&Aです。下半身痩せ成功症例エピソードはこちら

食べ過ぎ対策食べ過ぎても、本気の体脂肪になる前に退治しちゃえば大丈夫です!

人間のカラダは、今の状態を維持しようとする恒常性が働いています。 ということは、卒業後のカラダは痩せた状態を維持しようとしているわけです♪

だから、時には食べ過ぎても食べ過ぎが習慣なる前に調整すれば、元の体型にちゃんと戻れるわけです♪ ステキ♪

いつもいつも太らない食事を続けるのは、現実的に無理なので食べ過ぎたら必ず調整する!この調整の仕方をナカメ実践中にカラダで覚えていきましょう♪

たとえば、昼はパスタ、夜はお好み焼きを食べに行きましたー(T0T) なんて日には、炭水化物(糖質)を3日分まとめて食べたと思って、食べた前後の日、もしくは食べた日の翌日と翌々日の2日間は、野菜やお肉お魚などを中心に、主食や間食、甘いものは控えれば良いんです。

そうすれば、にっくき体脂肪に変ってカラダに付いてしまう前に退治できちゃいますから♪

最初のうちは、難しく思えてもカラダの声に耳を澄ましながら試していけばだんだんとわかってくると思います。

それが分れば、もうコワいものなしです♪

自然と食べすぎを調整できるようになってしまいます!そうすると上手に維持できるようになって自然にリバウンドも防げるようになります。

最後に甘いものを時には楽しんだりしながら上手にダイエットした方の体験談を、ご紹介しますね。

ナカメ中にナカメルールを自分の身体がどう反応するのかを体験しながら分かれば、卒業しても調整が上手にできるようになりますよ。


差し入れで甘いものなどを頂く機会が多いので、誘惑だらけなのですが、炭水化物や甘い飲み物、食べ物ものを欲しなくなったことにも驚き、甘いものもたまに食べたくなることがあった時は、ダイエットホリデーだ!と自分に言い聞かせ、チョコやケーキ、ポテトチップスを一袋食べたりもしていましたが、次の日からまたナカメルールを守って生活すると元に戻り、すぐ落ちていきました。

酸化した油を取るとすぐに肌にぶつぶつが出来てしまうのですが、ポテトチップスを一袋食べても全く肌荒れもしなかったことや、仕事柄、肩こりにも悩まされ、偏頭痛持ちなのですが、サロンに通っている間は、全く肩こりや偏頭痛に悩まされることがなくなったので、それにも驚きでした。

何をやるのもなぜかストイックになってしまう私...(頑張ってる自分が好きなナルシスト?それともドM?(笑))、途中、体調を崩したり、色々不安になったりした際に、室井さんにも何度かメールをしちゃうこともありましたが、いつも優しい気遣いをしていただき、『頑張らなくていいからね!!淡々とナカメルールやっていけば落ちるから!!』と何度言われたことか...(笑)

本当励みになりました。ありがとうございます。

自分じゃないみたいにお尻や脚がすっきりし、着たいと思える洋服の幅が増えたり綺麗に着れるので楽しいですし、上半身もすっきりし、周りの人からも痩せたといわれ、とても嬉しいし、楽しい毎日です。

Iさん・29歳の体験談全文はこちら

そして、卒業後2か月ほどが経ちましたが、炭水化物や甘いものを摂取するようになっても体重は卒業時のものをキープできています。

それは卒業後も緩くナカメルールに取り組んでいたのが良かったのかと考えています。

間食をしない、朝食は抜く、下半身浴、早めの就寝、どうしても食べたければデザートはご飯の後に、などを完ぺきではありませんが意識しつつ生活していることが現状に繋がっているのかと思います。

優等生で無かったのも現状維持に繋がっているのかな?とも思っています笑

ナカメが良かった点はルールにがちがちに縛られていないことだと思います。

存在するルールに対してどこまで守るか自分の意志で決めて選択をすること、そして守った分だけ結果が出ることがナカメを続けられた要因です。

Uさん・27歳の体験談全文はこちら

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2005年よりお客さまの体験感想で綴る2381件の記事が『論より証拠』のまっちゃんBLOGでご覧になれます。

Topページへ

ページTopに戻る



<中目黒式下半身ダイエット専門整体サロン>



下半身ダイエット よくある質問 目次

更新日: