脚がすごく冷えるのですが、冷え対策の方法を教えて下さい。

冷え性を改善したい 脚がすごく冷たいのですが、冷え対策の方法を教えて下さい。

足が冷える冷え性対策

夏でも脚が冷たい場合の対策 ナカメサロンのマツダです。冷え対策の方法について回答します。

おススメの睡眠時の格好は、夏場も長いパンツをはく(締め付けないレギンスなども良い)、上半身はキャミソールや半袖のTシャツなどで調整。冬は、パンツとゆったり目のレギンスを重ねばき、上は長袖を着るなどで調整する。ふくらはぎにはレッグウォーマー。さらに足首にもレッグウォーマーを三つ折にしたものや足首ウォーマーを履く。とにかく脚もお尻も冷たくならないようにした方がよいですね。

足首は侮ってはいけません。いつも冷たい足首は太くなりがちです!

触って冷たいところほど、肉がつきやすく、脂肪が落ちにくいです。お腹周りが太い人は、腹まき! お尻が大きい人は、毛糸のパンツ! 腰から下の太い人は、厚手のパンツを重ね履き!

自分の身体の冷えやすいところを、冷やさないようにして過ごすようにすることがおすすめです。

そして、食べ物。冬の食材や寒い地方の食べ物には体を温めるものが多いです。生姜、ねぎ、ごぼう、にんじん、にんにく、生姜などなど、中から、そして外から身体を温めるようにしてみてくださいね。

真冬になると、外にずっといすぎて、肩こりがひどくなるとか、身体が冷えすぎて、むくみがとれないなど、 いろいろな症状が出てきてしまうことがあるのですが、そんなときの対策です。

ホッカイロは、とっても便利なのですが、ホッカイロや電気あんかで温め続けると、カラダの水分を取られ、なにより、カラダを甘やかしてしまってカラダが自分で温めようとする力をより弱くしてしまいます。

なので、冬の野外活動などのどうしてもという時だけに使うようにしたほうが良いことを付け加えた上で、外に長くいるときのおススメの使い方は、おへその下と、お尻にはる、ホッカイロ両面貼りです。(低温やけどには要注意!)

寒いと手足を温めがちですが、それより、大きい筋肉がある お腹周りや太もも周りを温めて頂く方がより効果的で、カラダの芯が温まります。また、生姜紅茶などの温かい飲み物を飲んでカラダの中も温めてあげてくださいね。

寝る時の湯たんぽは、面倒でなければおススメします。自然に冷めていく湯たんぽは、カラダにも優しく、自然です♪

腰から下の代謝を上げ続けて、冷やさないようにする方がその部分が痩せやすくなるからです。

入浴剤もぜひ使ってみてください。入浴剤は、お金を払って買うだけあって、やっぱり、その後の保温力が違います。

普通のお湯につかるのと入浴剤入りのお湯につかるのとでは、カラダの温まり方も冷め方も違います。

余談ですが、半身浴後、脚にマッサージオイル(オリーブオイルでも♪)を塗ると、一皮ベールに包まれる感じで、保温力が増します。 マッサージする必要はなく、塗るだけです♪

朝起きたときに、違いがわかります!良ければ、試してみてくださいね。(注:ベビーオイルは浸透しすぎ、ボディーミルクも保湿効果だけで、保温効果はありません。)

それから、寒いと感じる時は上着を重ねて着ることが多いと思いますが、そうすると 元々代謝のよい上半身ばっかり暖かくしていたら、そうでなくても痩せやすい上半身が痩せてしまったり...ということに...

冷やさない様に、暖かい状態でいられるようにと工夫してみてください♪

夏の暑いときも侮れません!クーラーの効いた室内にいて快適に感じている時でも、腿もふくらはぎも足も気づかないうちに冷えています。

暑いからといって、ショートパンツをはいて昼も夜も過ごしていて、脚が太くて悩んでるの・・・なんてことにならない様に!

レッグウォーマーはお手軽に使えるグッズです。レッグウォーマーは"重ね履き"すると良さが引き立ちます。

外出するときにはさすがにファッションも考えますし、レッグウオーマーの重ね履きをするとは太く見えます。オシャレのために脚を露出する時もあるとは思いますが、寝るときやお家にいるときは、誰に見せるわけでもないので、腰から下を温めるを意識して過ごしてみてください。

ナカメダイエットの冷え対策法

ナカメダイエットでは、次のような冷え対策とダイエット方法を実践しています。

脚が太い・お尻が大きい・太ももやふくらはぎが太いなどとお悩みの方の多くは、腰から下の血行が悪く当然代謝も悪い【冷えたまま】の状態でい続けたのでその部分が太くなってしまっています。

ナカメダイエットに不可欠な半身浴はしているので、出てすぐ寝てしまえば、それほど寒いこともないかもしれませんが、 時間が経つとやはり、ひどい冷え性の方は湯冷めが早くて眠れなくなったりするかもなので。 出来ることで対策してみましょう。

冷え性のお客さまは、ナカメダイエットを始めた最初の内は問題の箇所が痩せにくいと感じられるかもしれません。

サイズダウン整体の効きも対策しているのとそうでないのとでは、痩せ方がやはり違います。

ナカメダイエット中は、毎日ダイエット半身浴をして頂きます。1度の半身浴の時間を長くするよりは朝と夜の2回のほうがいいですが、大事なことは、続けることです。 なので一日1回を毎日続けることが一番効果的です。

ナカメダイエットの最中や卒業後、冷え症が直ってしまう方が多くいらっしゃいます。

3種類の整体を組み合わせて2ヶ月8回2パンツサイズダウンを目指すので、元々の身体の状態によりますが、週1で整体を受けているうちに痩せやすい身体になってきます。

その結果、自然に代謝が上がり脚の皮下脂肪が燃えて、セルライトも減って冷え症体質が解消されている方が多いです。

これは、ナカメダイエットが多角度から下半身が痩せない理由を考慮して作られた整体ダイエットだからです。 ナカメダイエットを体験して卒業したスタッフが、施術を担当する理由もそこに。

せっかくナカメサロンに通うなら、より効果があるほうがいいに決まってます! 相乗効果を狙って、面倒にならない範囲で試してみてくださいね♪

最後にAさん・38歳の体験談を紹介します。

しかも足のラインが綺麗になり、でっぱり気味の太ももも、室井さんが頑張って修正してくれました。

本当に感謝しております。(毎回ふたりで汗だくになった甲斐がありました)

最初にサイズダウン整体を受けた時の驚きを今でも覚えています。

とても冷え性なのですが、足先までの血の流れを感じ、熱くなったのにはびっくりしました。

夜寝る時も、まだ足がじんじんして、まるで死んでいた足の神経が生き返ったようでした。(運動しても、加圧しても感じなかったのですが)

その体験から、ナカメダイエット=『これはいけるかも』という予感がしました。

また、運動するのは好きでそれまでも筋トレをやっていたのですが、サイズダウン整体での筋肉の破壊??は不思議な感覚を受けました。

いったい何が違うんでしょうか。。。

今では運動も再開し、体が軽くなったことを実感して楽しんでいます。 脂肪が落ちたので、筋トレの効果もすぐにでそうです。ありがとうございます。

せっかく運動していても、なんてもったいない食生活をしていたかと深く反省。

そしてナカメ食生活についてですが、夜にお肉が食べれるなんて幸せでしたよ♪

ただ、食生活もきちんと守っていたのに、とても甘いものが食べたくなった時期がありました。

体重の減りも悪くなりイライラしていて、室井さんに相談すると、『我慢しないでケーキ1ホールぐらい食べちゃえば~』と心強いお言葉が、、(笑)。

幸い、炭水化物を抜きすぎていたらしく、ケーキも1ホール食べずにすみました。

やはり、施術をしてくれる方がみなさん経験者というのは、とても心強かったです。

的確なアドバイスをいただけましたし、いつも室井さんは明るいし、孤独なダイエットではありませんでした。

【論より証拠】ブログ記事全文はこちら

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2005年よりお客さまの体験感想で綴る2381件の記事が『論より証拠』のまっちゃんBLOGでご覧になれます。

Topページへ

ページTopに戻る



下半身ダイエット よくある質問 目次

更新日: